2018年09月16日

ミラ トコット|ナビ取り付け・パネル外し方・ドラレコ・車速








こんにちは、今回はDAIHATSU、ミラトコット
のナビ取り付け、ドライブレコーダー、ETC、
純正バックカメラ変換、ステアリングスイッチ
接続をやっていきます。





DSCF8878.jpg

好き嫌いがわかれる車種だと思いますが、
かわいい車と言うよりは、シンプルな
雰囲気の車ですね。







DSCF8882.jpg

内装はシックで、感じよく落ち着きますね。






DSCF8890.jpg

パナソニック カーナビ CN-RE04WD








DSCF8891.jpg

パナソニック ドライブレコーダー CA-DR02D









DSCF8893.jpg

ETCはDENSO DIU-9401音声タイプ






DSCF8896.jpg

オーディオ変換は、トヨタ、ダイハツ10P・6P






DSCF8895.jpg

バックカメラ接続ユニット








DSCF8898.jpg

Bullcon バックカメラ接続ユニット。






DSCF8897.jpg

パッケージどうりに、簡単接続です。
バック信号とアクセサリー電源、アース線
RCAカメラ入力、ステアリング線3本。







オーディオパネルの取外し方法
DSCF8883.jpg



DSCF8934.jpg

画像はオーディオレス車なので簡単の取り外せますが、
ナビなど入っている場合は下記を参考にお願いします。







DSCF8935.jpg

内張りはずしなどを利用して、画像のように
キズをつけない様に、手前に引いてパネルを
取り外します。
比較的にやわらかいく取り外しやすいと
思います。








DSCF8936.jpg

取り外した、オーディオパネルの裏側の画像です。
クリップ、爪の位置を確認してください。







DSCF8943.jpg

奥にいろんなカプラーがまとめてあるので
テープをはがして、とりだして行きます。







DSCF8944.jpg

このカプラーは、メインのトヨタ、ダイハツオーディオ
コネクタです。ドライブレコーダー、ETCの(ACC)
電源、常時電源を取り出すことができます。




トヨタ・ダイハツ10Pオーディオコネクタ
TOYOTA 10ピン サイト用のコピー.jpg

車両側10Pコネクタを配線側から見た図










車速・リバース・パーキング信号情報
DSCF8938.jpg

オーディオパネル取り外し後、奥のコネクターから
画像の5ピン、コネクターを探してください。





車両5Pコネクタ
トヨタ5ピン 車速.jpg






DSCF8939.jpg

画像の位置に各信号線を割り込ませてください。







DSCF8948.jpg

このように、ナビゲーションの配線を割り込ませました。


簡単に車速信号を接続したい方は
車速配線カプラーを使用すると
ギボシ端子で接続できます。











ステアリングスイッチ情報
DSCF8940.jpg

このカプラーも車速カプラー同様、
オーディオパネル取り外し後、
白色20Pカプラー探してください。




ステアリングスイッチ接続情報
トヨタ20p st.jpg






DSCF8941.jpg

ブルコンはカプラーで接続できます。



ブルコンの変換など使用しない場合は、単独で
ステアリングスイッチのSTSW1、STSW2、SWGND
を割り込ませてください。
車速カプラー同様ステリモを簡単に接続したい方は
ステアリングリモコン コネクター トヨタ車用 20ピン












フロントピラー内張りの取り外し方法
DSCF8902.jpg

画像のように、ウェザーストリップを手前に引いて
ある程度取り外します。







DSCF8903.jpg

多分これくらいです。








DSCF8904.jpg

ウェザーストリップが取り外せたら、次は
フロントピラー内張りを取り外していきます。
軍手着用で画像の方向に取り出してください。
内張りはずしなどを使用しても良いと思います。








DSCF8905.jpg

画像○印のクリップが引っかかるので、
このクリップを半回転させて取り出します。








DSCF8906.jpg

ラジオペンチなどで、くるりと半回転まわしてください。
指で回す場合は怪我をしないように注意して
ください。必ず軍手着用








DSCF8907.jpg



DSCF8912.jpg

おぃ取れました。こいつ厄介ですね。





DSCF8908.jpg

黄色クリップが無事取り外せたら、フロントピラー
内張りを画像方向に引いて取り出してください。
思いっきりやると、天井に刺さるので注意。








DSCF8909.jpg

取り外したフロントピラー内張りの裏の
画像です。クリップの位置など要確認。








DSCF8911.jpg



DSCF8910.jpg

内張り下側の画像





フィルムアンテナ
DSCF8920.jpg

頻繁にナビ取り付けする方は画像のように厚紙で
取り付け位置を確認できるものを作っておくと
便利ですよ。外側に貼ってあります。









DSCF8923.jpg

アンテナコードは内張りを取り付けても
突っ張らないように、すこし余裕を
もたせて取りまわすと、良いと思います。









グローブボックス取り外し方法
DSCF8924.jpg




DSCF8925.jpg

始めにサイドをグローブボックス内側に押しこんで
最後に下側におろして取り外します。







DSCF8926.jpg

グローブボックスをおろした状態です。







DSCF8927.jpg

グローブボックス下部の画像です。
このような構造になっています。






DSCF8928.jpg

サイド部分のつめ







スマアシカバーの取り外し方法
DSCF8914.jpg




DSCF8915.jpg

画像のように、フロントガラスにそうように
下側にトントンと軽くたたくとスライドして
取り外せます。

注意、軽くお願いします。







DSCF8916.jpg





DSCF8917.jpg

スマアシカバー内側の画像です。
このようにクリップとつめがあります。





DSCF8919.jpg






DSCF8918.jpg

ここにスマアシカバーのクリップが刺さっていました。









ドライブレコーダー取り付け
DSCF8922.jpg

ポイントは、ワイパーを作動させて、雨を拭き取る位置を
確認してやると、映像が雨天でもきれいに撮影されます。
マスキングテープなどで、印をしてもよいと思います。

あまり下にドライブレコーダーを取り付けると違反になる
ので注意してください。
取り扱い説明書を要確認。




DSCF8954.jpg

これぐらいの位置で貼り付けました。







ETC取り付け
DSCF8933.jpg

ETCアンテナは運転中に確認しやすい位置に貼付け。





DSCF8959.jpg

本体はグローブボックスにおさめました。







DSCF8949.jpg

これで、各種接続完了です。








DSCF8952.jpg

ナビゲーション裏側。




DSCF8953.jpg




DSCF8956.jpg

パネルを取り付けて、OK。





ステアリングスイッチ設定
DSCF8965.jpg



DSCF8966.jpg

各ボタン長押しで設定。





バックカメラ設定
DSCF8964.jpg




DSCF8886.jpg

やっぱり純正カメラは綺麗におさまっていますね。





DSCF8963.jpg

ばっちり映っていますね。





DSCF8968.jpg

ドライブレコーダー、フロント画像。







DSCF8884.jpg

トコットのシートの材質は最高にいいですね。
個人的に、この質感は大好きです。
すべりにくく、蒸れない。





DSCF8888.jpg

グレードによってメーターが違うんですね。
かわいいメーター。






DSCF8969.jpg

安全装備もしっかりしていますね。
コーナーセンサーがなりました。







DSCF8880.jpeg


後ろ姿もクールですね。では、お疲れ様です。














posted by tarou ueji at 21:42| トコット