2017年02月25日

LA600S タント|パネル・シフトノブ外し方★前編


こんにちは、ナビ太郎です。
今回は、LA600S タントのオーディオパネルの取り外しをやっていきます。
このタイプのオーディオパネルはシフトノブを抜いてやらないと、
はずれてこないので、すこしやっかいですね。
あせらず慎重に作業を進めていきます。

IMG_2939.jpg

かっこいいので、売れているのがわかりますね。


IMG_2917.jpg

今回取り付けるナビは、Panasonic CN-RE03WD
定番になってしまいました、迷ったらこれですね。


IMG_2920.jpg

この車両、純正バックカメラ取り付け車両なので、純正バックカメラの
映像を社外ナビの画面で映す為、ブルコンのバックカメラ接続
ユニット、AV-C19を使って作業していきます。



IMG_2921.jpg

内容物です。


IMG_2924.jpg

ブルコン AV-C19 取り付け明細
シンプルな構造なので、説明書どうりに作業してください。



IMG_2986.jpg

軽自動車にはみえない、高級感あるパネル。



IMG_2987.jpg

では作業に入ります、まずシフトを解除して、ニュートラルの位置に
レバーをもっていきます。
注意、必ず車が動かない様に、輪止めなどをして安全に配慮お願いします。



IMG_2988.jpg
IMG_2989.jpg

この位置ですね。


IMG_2990.jpg

シフトノブを上から見た画像です。

IMG_2993.jpg


シフトノブの下部、プラスチック部品の両サイドを広げながら、下にやる感じです。


IMG_3001.jpg

取り外した部品です、この様な構造。


IMG_3006.jpg

続いて、プラスチック部品で隠れていた、金具を取り出します。


IMG_3011.jpg

画像の様に、下にむかって、マイナスドライバーなどで、取り出してください。
紛失注意



IMG_3012.jpg

勢いが良いと飛んでしまいます。


IMG_3017.jpg

これが取り出した金具です、小さな部品なのでなくさないように。


IMG_3020.jpg

あとは、シフトノブを抜けば、OKです。


IMG_3021.jpg

これで、シフトノブは取り出せました。
外した部分にグリスが塗ってあるので、服などにつけないように
注意してください。


IMG_3024.jpg

取り外した部品。

IMG_3026.jpg

あとは、オーディオパネルを取り外していきます。


IMG_3028.jpg

隠しネジなどないので、手前に引いてやれば外れます。

IMG_3030.jpg





IMG_3034.jpg



ハザードのカプラーも抜いてください。


IMG_3035.jpg

ほかにもカプラーを抜いてください。


IMG_3036.jpg

エアコンカプラー

IMG_3050.jpg

画像の位置に3つカプラーがあります。

カプラーを抜いた状態でプッシュスイッチをいれると、
チェックランプの警告灯が光ってしまうので注意してください。



次回も引き続き、タントのナビ取り付け、
車速信号など配線を説明します。

ナビ太郎おすすめ
車両盗難多発、大切な車を窃盗団から守る。
月々900円(税別)〜できる、車の盗難対策。








【タントの最新記事】
posted by tarou ueji at 23:33| タント