2016年12月24日

ハイゼットS321V|バックカメラ取り付け・リバース信号★後編

こんにちは、ナビ太郎です。
前回、バックカメラ取り付けで、リバース信号とリアバンパー取り外しを
やりました。今回はその続きでリアバンパーからバックカメラの配線の
取り回しをやって行きたいと思います。

IMG_1222.JPG

取り付けしているナビゲーションは、イクリプスAVN133MW

バックカメラは、MITSUBISHI BC-100

IMG_1219.JPGIMG_1217.JPGIMG_1221.JPG

バックカメラ変換ハーネス、はブルコンAV-C02

このバックカメラ変換は、本来社外ナビゲーションでは使うことが
あまりないですね。今回ナビゲーションとバックカメラの組み合わせが
あまりよくないので使うことになりました。
組み合わせと言うより イクリプスのナビのバックカメラ入力がRCAでなく
トヨタ純正と同じ4ピンカプラーなので、それをRCAに変換する為使用します。
パナソニックやカロッツェリアのナビゲーションでは、この変換は不要です。

では、作業の続きをはじめます。

IMG_1317.JPG

画像の位置に電動ドリルで、10mmぐらいの穴を開けます。
穴を開けたあと、さび止めのタッチアップも忘れずにお願いします。

今回、取り付けるバックカメラは配線を通したあとでカプラーをつけるタイプなので
細い穴でも通しやすいメリットがあります。


IMG_1321.JPGIMG_1323.JPGIMG_1322.JPG

配線通しを使って、ドリルであけた穴にバックカメラの配線とリバース信号の配線を
通していきます。

ここを通すメリットは荷台に重量物やとがった物を置いても配線が断線しないことですね


前回も説明しましたが、車外での配線の露出も少なく済むので良いのでは、、、。

IMG_1326.JPGIMG_1329.JPGIMG_1331.JPGIMG_1334.JPG

配線が無事通せたらブチルゴムやコーキングなどで、水が浸入しない様にふさいで下さい。


IMG_1339.JPGIMG_1340.JPGIMG_1341.JPGIMG_1342.JPG

配線をクオーターの中を通してシートベルトカバーの下から出します。
この時、クオーターの内側に配線をスポンジテープなどでしっかり固定してください。
あと、シートベルトの巻きつけなどに支障がない様にお願いします。

IMG_1343.JPGIMG_1346.JPGIMG_1347.JPGIMG_1348.JPGIMG_1350.JPGIMG_1352.JPGIMG_1354.JPGIMG_1356.JPG

あとは足などで踏まれない位置を探してナビまで配線を取り回します。
ハイゼットバンは、助手席と運転席のシートが跳ね上がるタイプなので、そこも
配線がはさまれない様に取り回してください。


IMG_1336.JPGIMG_1338.JPGIMG_1337.JPG

ナビゲーションまで配線が取り回せたら、リアバンパーにバックカメラを貼っていきます
☆ドライヤーなどで、接着部分をよく暖めてからバックカメラを貼るとはがれにくいですよ☆


IMG_1387.JPGIMG_1386.JPG

最後はナビでバックカメラ設定をして映像が映ればOKです。
お疲れさまです。
最後までありがとうございました。






posted by tarou ueji at 17:34| ハイゼット